睡眠薬について

今回は、睡眠薬について記事を書いていこうと思います。

睡眠薬とは?
服用して、睡眠を促してくれる薬です。
医療関係ではこれを、眠剤と呼びます。

どういったときに処方される薬でしょうか?
睡眠薬は、上記にもありますように、睡眠を誘うお薬です。
例えば、心の病の方に処方される事が多いようです。

そして、不眠症の人ですね。
寝つきが悪い方や、眠りが浅く疲れが取れない方、普段より早く目が覚めて
その後が、眠れないという方
に、処方させる方です。

他には、ストレスと同様になるのですが

  • 近隣の環境がうるさく、眠れない時
  • 精神的なものの場合
  • 身体に疾患がある場合
  • うつ病、総合失調症などの精神疾患
  • 服用している薬が、眠くならない成分が入っている
と、こういった具合でしょうか。

そして、使用方法になります。
現在は市販で売ってる、薬屋もありますが、購入できる上限があります。
これはまたおいおい、説明していきますが…

人間は元々、睡眠のリズムが働いています。
このリズムと向き合わない、向き合えない方に服用を進めているとのことです。
処方して、1時間から〜1時間半で、兆候が表れます。

そして、そのリズムを掴んで睡眠を行ってください。
その睡眠のリズムを逃したら、また1時間以上起きてることもあるそうです。

睡眠薬での事件について