睡眠薬の危険性について

今回の記事は睡眠薬の危険性について、お話していきたいと思います。

睡眠薬って皆さんはどんな認識をされていますか?
おおよそ、私がイメージすることっていうと、精神疾患の方、依存症の方
自殺とイメージがありますが。。。

昔は、依存性が強かった薬もあったそうです。
そして、現在では依存性はあまりないとのことです。
そして、今大半が処方されている薬の種類ですが。ベンゾジアゼピン系の薬が
安全性が非常に高いことから、処方されているそうです。

診療して、医師の指示に従えば、中毒や、習慣性がでることも少ないです。
アルコールと併用したり、医者の注意を守らず、他の薬と併用すると危険です。

睡眠薬は安全性はあるものの、副作用もあるとのことです。
副作用につきましては、また次回の記事にしたいと思います。

そして、別のサイトでは、睡眠薬は危険じゃないと謳ってるものもあります。
ん〜どうなんでしょう。
医者がくれた処方箋を、医者の指示通り従わない人は危険でしょうね。

不眠治療法によると、睡眠薬での生活習慣の改善が、重要なカギだそうです。

確かに、不眠治療法では間違いないですね。

睡眠薬は私も飲んだ事ありますが、私が一番危険な薬っていうと、鼻炎薬ですね。
あれは、仕事中の眠気が半端なく、喉も乾いて、集中力がなくなりますね。

でも、鼻水とかくしゃみとかでるよりは、マシなんですけど、あれも睡眠効果あるから
睡眠薬って謳わないのってどうしてなんでしょうね。。。

睡眠薬の種類について睡眠薬の副作用について